2020年12月1日火曜日

U13県リーグ

vsアウル
5-0〇

戦う集団に向かおうとしている13期生ですが、大切なのは結果よりもこの試合にかける意気込みがどうだったかです。


「勝ててよかった」で終わっていたら、次に勝てる日は遠い日なります。

納得いかない自分に気付ける人は何人いたでしょうか。

居心地の良い自分たちが楽しめる場所から抜け出し、見たことのない景色に向かわせる習慣を付けさせるのは今しかありません。

おっとりしたチームで危機感たっぷりですが、やればできる子達が揃っています。





クラブユース関東大会2回戦


vs SCH
0-3●

関東大会2回戦、善戦しましたが11期生の真剣勝負は終わりました。

強豪相手に力及ばなかったものの、先週と違って自分たちのスタイルは表現できたと思います。




今日の1試合や最近の数週間だけでなく、今までの約2年半を振り返ってみてください。

サボりたくなった時、手を抜いてしまった時、その僅かな時間が後の勝敗を分けることになるのです。

不安な外的要因が多い中でしたが、それを言い訳にしていたら今を全力で生きることはできません。

失敗を恐れてビクビクするより、自分の選んだ道が成功と思える努力をしていってほしいと思います。

11期生の皆さん、
一先ずご苦労様でした。

しかし、これはひとつの小さな区切りでしかありません。

各自がやるべきことはまだまだ残っています。

ひたむきに。。

2020年11月22日日曜日

クラブユース関東大会1回戦

vs大宮西カリオカ
0-0 PK5-4〇
 
 
3年生の真剣勝負は続いています。
 

関東1勝を賭け、最後までしびれる展開でしたが、PK戦は落ち着いていました。

今日は本来の「らしさ」が出せませんでしたが、関東1勝という目標に向けて最後まで気持ちが切れることなく戦い抜けました。

来週は自分達らしさを存分に出し、ピッチ上で躍動する姿を魅せましょう!


 


 

 

2020年11月16日月曜日

U13県リーグ

vsカシマアカデミー
1-2●
 

練習してきたことが発揮され、良い内容のゲームが出来たことは真面目に取り組んできた証拠。
 
惜しくも負けを喫するのは、普段が甘い証拠なので負けて当然です。
 
欲がなく、現状維持で居心地のいい空間から抜け出そうとしなければ、これ以上成長することはありません。
 
このチームは、まだまだ時間がかかりそうです。
 
 

2020年11月14日土曜日

U14クラブ選手権

vs阿見ファントゥ
4-0〇
 

U14チームにとっては久しぶりにやってきた待ちに待った公式戦。

この日に賭ける思い、モチベーションは非常に高いものでした。

良いスタートは切れましたが、ここから1年、このチームには想像以上に険しい道のりが待っています。

みんな、逃げるなよ。


 

 

2020年11月1日日曜日

U13リーグ開幕戦

vs日立JYSC
2-0〇
 

ようやくやってきたU13リーグ開幕戦、なんとか結果は残すことはできました。

指導者が変えようとしないといけない。

選手が変わろうとしないといけない。

このままではいけないという危機感がありますが、そんな中、勇気を出して変わろうとしている選手がいます。

その子達がチームを成長させる救世主になることは間違いありません。

 


 

 

2020年10月31日土曜日

U13県リーグ、いよいよ開幕!

いよいよ13期生の真剣勝負が迫ってきました。


過去の開幕戦は・・・


1期生
vs常総アイデンティ 2-7●
(現 アイデンティみらい)
2期生
vsウェストサイド境 0-6●
(現 境トリ二タス)
3期生
vsつくばFC 3-3△
4期生
vsつくばFC 1-6●
5期生
vs下根中 2-2△
6期生
vsクレセール鹿嶋 2-4●
7期生
vs那珂湊中 12-1○
8期生
vsつくばFC 8-0○
9期生
vsアウル取手 5-0○
10期生
vsつくばFC 1-1△
11期生
vsトラウムSV 3-3△
12期生
vs日立JYSC 0-2●


過去の開幕戦は3勝5敗4分。



4年前の9期生。リーグ2位で関東昇格まであと一歩に迫ったチームでした。


3年前の10期生。


2年前の11期生。

               
                            1年前。               


開幕戦に勝てないジンクスを、圧倒的な攻撃力を誇った7期生が破り、その後は負け無しが続いていましたが、昨年は強豪日立SCさんに惜敗でした。

 昨年は、あっという間に来てしまった開幕戦でしたが、今年はようやく来てくれた開幕戦です。


今持っていいる以上の力は出せないので、 今やれるベストを模索しながら、2年連続で強豪の日立さんに臨みたいと思います。

公式戦という明日をひとつのスタートとして、2年後の最終学年に向けてどれだけ開発できるか。
そして輝かしい高校サッカーに繋げることができるか。
今年も大きな仕事が始まります。