2019年5月26日日曜日

IFA県1部リーグ

vsアイデンティみらい
0-5●


苦しいシーズンになることは開幕前からわかっていたこと。
今日の敗戦も不思議なことではありません。

大敗の連続だったU13時代から比べ、かなり戦えるようになってきた部分は多々あります。

今できることを精一杯やろうとしていることも評価できますが、相手のネームバリューに怖気づいている度胸の無さは変わらない選手がまだまだいます。

控え選手を含め、そのことが行動力を止めてしまっている選手がメンバーの中に多くいることが気がかりです。

仲間と夢中になれる時間はそんなに長くありません。
後で気づいても、その時はもう遅い。

保身より捨身のほうが楽しいのに。

レベルの低いところで勝つことより、レベルの高いところで負ける経験ができる選手達は幸せ者です。

みんな、もっと楽しんだら?

2019年5月19日日曜日

IFA県1部リーグ

vs境トリニタス
0-1●


2年前、9失点で敗れた屈辱を忘れずに持ち続けた選手たちは勇敢でした。

残された時間、逃げずに挑戦する男達の集団に変身を遂げましょう。

弱虫にはユニフォームを着る資格がないよ。
待っていても何も訪れない、夢を叶えたければ自ら掴みに行きなさい。

変わる勇気が無ければ、ずっと今のままです。

変わってきている選手達が、きっとチームを強くしていくでしょう。


2019年5月7日火曜日

クラブユース準々決勝

vsフォーウィンズ
2-3●



勝てば関東大会出場という大一番は、善戦しましたがわずかに及びませんでした。

挑戦者という気持ちを忘れず、2年前には歯が立たなかった相手に対しても終始積極的にプレーし、タイムアップまで戦い続けました。

U13やU14時代と比べれば、だいぶ逞しさが出てきたことは間違いありません。

もう1点、本戦後の試合に臨んだメンバーも、本戦と変わらぬ気持ちでプレーしていた選手が多く見られたことは好印象でした。
ただ、全員とは言えないところは残念です。



攻撃は点が取れず、それに守備が我慢できず失点を重ねて敗れる。
1年生の時から、そんな負け方が続いてましたが、今シーズンは違っています。
そこを評価したいです。

点が取れています。
我慢強くなっています。

もう少しです。

約束したこと。
最後までひたむきに戦い続けること。


2019年5月6日月曜日

Bチーム GW合宿

県3部リーグに挑戦する2年生主体のBチーム、関東常連の強豪クラブとの交流戦に臨みました。


このチームには、上に行ってもやれる選手が何人かいます。
高い目標を持てる選手もたくさんいます。

もっと「欲」を持てれば、まだまだ化ける可能性を秘めています。

現在、リーグ戦は負け無し。
しかし、それで満足するような選手が出てくるようでは、今より上は望めなくなります。

「今」という時間に、どれだけ夢中になれるでしょうか。








IFA県1部リーグ

vs石岡アセンブル
1-3●


U13時代から、何度やっても勝てない強いアセンブルに対し、序盤から勇気をもって挑戦しましたが、簡単には勝たせてもらえませんでした。

戦いが終わるまでは、まだまだ下を向くわけにはいきません。

最後までチャレンジャーです。


2019年5月3日金曜日

U13GW合宿

新1年生のGW合宿は、今年も元日本代表の兄を持つBANFF横浜のH氏主催フェスティバルに参加しました。


色々な組み合わせで、たくさんのゲームが出来ました。


この3日間、選手同士はもちろん、指導者にとっても色々な発見がありました。


選手たちの個性を掴んできたところで、少しづつ開幕に向けた準備を始めていきます。

盛り上がった、アウルとのミニゲーム対決!
何の指示もなく、自分達だけで行うミーティングはクラブの伝統。

ジュネス12期生。
1ヶ月が経ち、まだまだコンディションが良くない選手も多いですが、なんとか戦っていけそうなイメージが出てきました。

不安と楽しみは、いつも背中合わせ。

やるからには、とことん上を目指していこう!





2019年4月26日金曜日

高校サッカー観戦 ~OB達の活躍~

関東大会県予選。

古河一vs常総学院

6番 R斗 JSしもつま⇒FCジュネス⇒常総学院
相変わらず良く見えてる!
7期生の派手な攻撃力を演出したエンジェルパスは健在でした。
やっぱりR斗は真ん中が良く似合う。



水戸啓明vs水戸葵陵


7番 K太 大田SSS⇒FCジュネス⇒水戸葵陵
11番 K洋 下妻SSS⇒FCジュネス⇒水戸葵陵
8期生のK太、2年生ながら中盤を任されセットプレーのキッカーも務める。
身体は小さくても存在感はある!

7期生のポイントゲッターK洋、落ち着いたプレーでイライラしなくなったね(^^)/
次の試合ではK洋らしい豪快なゴールを期待しています。

終了間際のFKを決めるK太!

個性派揃いだった7期生と8期生、3人とも強豪校に進み、チームに欠かせない存在に成長している。
こんな頼もしい選手たちを預かれていたことを、改めて嬉しく思います。

たくさんのOB達が茨城の高校サッカーを盛り上げてくれています。

頑張れOB達!